長崎片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
17時までです。
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<

引っ越しをする上で、最も悩ましいところは、費用がどれくらいかかるかですよね。

一人で出来たら、安上がりでいいのですが、家族がいればなかなかそうはいきません。

引っ越し業者に頼んだ場合、どれくらい費用がかかるのか、そのおおよその相場をみていきたいと思います。

引っ越し業者に頼んで、引っ越しを行う場合、その異動距離や荷物の量、またオフシーズンか繁忙期かで、料金がかなり変わってくるのは前述したとおりです。

今回は、夫婦等の二人家族で業者に頼んだ場合、核家族等にみられる4人家族で業者に頼んだ場合のそれぞれの条件別費用についてみていきましょう。

夫婦等の二人家族で、オフシーズンに、荷物量が普通(2人用の家具家電、布団、衣装ケース6つ、ダンボール20箱くらい)で引っ越す場合、近距離(20km以内)46,350円、近距離(50km以内)52,761円、中距離(100km以内)69,000円、長距離(200km以内)80,835円、長距離(300km以内)113,456円となっています。

これが繁忙期になった場合、近距離(20km以内)60,255円、近距離(50km以内)68,589円、中距離(100km以内)89,700円、長距離(200km以内)105,086円、長距離(300km以内)147,493円となります。

次に、4人家族で、オフシーズンに荷物量が普通(4人用の家具家電、布団、衣装ケース10つ、ダンボール50箱くらい)で引っ越す場合をみてみましょう。

この場合、近距離(20km以内)62,075円、近距離(50km以内)72,831円、中距離(100km以内)78,350円、長距離(200km以内)96,170円、長距離(300km以内)162,866円となっています。

これが繁忙期になった場合、近距離(20km以内)80,698円、近距離(50km以内)94,680円、中距離(100km以内)101,855円、長距離(200km以内)125,021円、長距離(300km以内)211,726円となります。

人数が変われば、荷物量も変わりますので、ここで大きな値段の差が生まれます。

またオフシーズンと繁忙期では、同じ内容でも、差が出るところで最大5万円近く変わります。

引っ越し業者に依頼する場合、この辺りをしっかり考えなければなりません。

引っ越し費用の相場について、2月に引っ越しの場合について

引っ越し業者に依頼する際の引っ越し費用ですが、2月に引っ越す場合と3月に引っ越す場合では、費用が大きく変わってきます。

というのも、5~2月は引っ越し業界ではオフシーズンであり、需要があまりないため費用が安く済み、逆に3~4月は繁忙期になり、需要がありその分まわすのに費用がかかるからです。したがって、2月までに引っ越すのがお得ですね。

よって、引っ越しのシーズンである3・4月に業者に頼むのは、費用を抑えたい場合、極力避けたいところです。

学生などが卒業し帰省するため、引っ越しをするであれば、話が早いです。

3月の卒業することは分かっているので、早め早めに、手続きを行い、荷物をまとめ、2月のうちに大きいものは引っ越し業者に頼んで、実家に送っておいてもらいましょう。

少ない荷物でも、1ヶ月くらいはなんとか生活できるでしょう。

新しい物件に引っ越す場合、2月に引っ越しをしたら、家賃等を重複して払わなければならないことがあります。

よって、もし近距離での引っ越しであれば、2月までに旧物件を解約して、新しい物件に3月入居で入るのも手です。

引っ越しの費用の相場について、3月の引っ越しの場合について

引っ越し業界の3月・4月は大忙しの繁忙期。この時期は、卒業シーズン、転勤シーズンであり、引っ越し業者は大忙し、かなりの人件費をかけて、臨みます。

よって、引っ越し業者に引っ越しを頼む場合、一番費用がかかる時期です。

できればこの時期の引っ越しは避けたいのですが、やむ得ない場合もあるでしょう。

移動距離や荷物量によって金額は違いますが、オフシーズンと比べて4人家族の場合2~5万円くらい高くなりますので覚悟しましょう。

なるべく低く抑えるには、荷物量を減らすことです。

いらないもの、使わないものがあれば、捨ててしまうか、リサイクルショップに持って行きましょう。

ヤフオク等のオークションに出すのもいいかもしれません。