長崎片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
17時までです。
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<

長崎県は九州地方の県の一つで、佐賀県と隣接している以外は全て海岸に面しており、海岸線の長さは北海道についで2位という特徴があります。

長崎県の人口は約142万人、長崎県の県庁所在地は長崎市で長崎県内では最大の人口を持つ中心都市となっています。

市町村は現在13市8町で構成されています。

長崎県の名前の由来はいくつかあり、長崎港を開港した人物からという説、長い海岸線から「長い崎(岬)」と呼ばれていたという説、昔その地方を治めていた長崎氏からという説がありますが現在のところはっきりしていません。

江戸時代、鎖国をしていた中でも、日本で唯一江戸幕府公認の国際貿易港(対オランダ、対中国)・出島を持ち、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交ったのが長崎です。

その文化交流の中で、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表現されたものが、長崎文化を象徴しています。

その後の影響が今にも強く出ており、出島跡を初めとして、異国情緒に満ちた港町として有名になっています。またその港町の夜景は美しく、世界三台夜景の一つともいわれています。

宗教では、歴史的経緯からカトリック教徒の数が比較的多いことでも知られており、特にカトリック教会は長崎県単独で一つの大司教区を形成しています。

また、長崎は戦争の悲劇の舞台ともなりました。

実戦で使用された核兵器(原子爆弾)としては広島市に次ぐ世界史上2番目の、そして最後の被爆都市としても知られています。

現在は見事に復興を果たし、平和の大切さを、長崎平和公園等を通して後世に伝えております。

長崎県の交通アクセスですが、陸でつながっているのが佐賀県しかなく、あまり恵まれているとはいえません。

新幹線はまだ通っておらず、鉄道面では十分な整備はされていません。

また、空の便長崎空港は、県内いずれの主要都市とも遠く、単独での利用はなかなか大変かと思います。やはりここは自家用車の移動が中心になるかと思います。

長崎市役所ですが、長崎県長崎市桜町2-22にあります。

ナビをセットして、自家用車で向かいましょう。

高速道路で長崎自動車道を利用、多良見ICより長崎バイパス(西山トンネル)経由し、諏訪神社方面へ30分走ります。

駐車場は近隣の有料駐車場を使うことになります。

また、鉄道を利用する場合、長崎駅を下車します。その後は駅から、市役所まで若干距離がありますので、路面バスか、路面電車を利用しましょう。

路線バス利用の場合、「市役所前経由」に乗り「市役所前」下車すぐ

路面電車利用の場合、「蛍茶屋行」か「赤迫行」に乗り「桜町」下車すぐとなっています。