長崎片付け110番にご依頼頂いたお客様限定で特別なプレゼントをご用意しています。ぜひ最後までお読みください。
17時までです。
お急ぎください!
>>キャンペーンを詳しく見てみる!<<

長崎での廃車手続きの写真

長崎圏内での原付(スクーター)廃車手続き処分は
個人でも簡単に出来ます!!

原付バイクの廃車処理でお困りでないですか?

  • 原付、バイクが不要になったので処分したい
  • 廃車手続きをした事がないので分からない…
  • 友人など代理人にして貰いたいが、手続き方法が分からない

「廃車手続きが分からない」「今まで自分で処分した事がない」などお困りの声を良くききます。

住民票を移しただけでは、自動車検査証の住所は変わりません。

そのまま放っておくと、前の住所に自動車税の納税通知書が送付され、トラブルの原因となります。

長崎片付け110番では廃車手続き~処分までお困りのお客様もご安心頂ける様に
廃車手続き処分の手順をご紹介いたします。

スムーズに廃車手続きを済ませる事が出来る様、このページを参考にして下さい。

廃車手続きの種類について

手続き方法は大きく分けて2つあります。

  • 市役所への書類持込みでの手続き
  • 郵送での手続き

今回は市役所での手続き方法についてご案内します。

長崎市内での原付廃車手続き方法

長崎市では下記手順で手続きが行えます。

手続き対象:原付(原付一種・原付二種125cc以下)

原付廃車手続きに必要な準備品とは?

手続きに必要な物はそれぞれ手続き者によって4つのパターンがあります。

下記内容を確認し、自分が「どのパターンに当てはまるのか?」を確認し、廃車手続きに必要な物の準備をしましょう。

パターン1
バイクの所持者(納税者)が原付の標識交付登録した長崎市で直接廃車手続きをする場合。

例:所持してるバイク(原付)を乗車する為、長崎市で標識交付登録。
その後、不要になったバイク(原付)を長崎市で廃車手続きをする。
パターン1
下記内容も忘れず確認して下さい。
・車名(ホンダ、ヤマハなどのメーカー名)
・車台番号(数字とアルファベットの組み合わせ-数字で7桁位)
・排気量

パターン2
バイクの所持者(納税者)が原付の標識交付登録した長崎市でナンバープレートを紛失した状態で直接廃車手続きをする場合。

例:所持してるバイク(原付)を乗車する為、長崎市で標識交付登録。
その後、ナンバープレートを紛失した状態で不要になったバイク(原付)を長崎市で廃車手続きをする。
パターン2

※ナンバープレート紛失が、所有者の故意、過失による場合弁償金として150円が必要になります。

下記内容も忘れず確認して下さい。
・車名(ホンダ、ヤマハなどのメーカー名)
・車台番号(数字とアルファベットの組み合わせ-数字で7桁位)
・排気量

パターン3
バイクの所持者(納税者)が長崎市外、県外などで原付の標識交付登録した原付を長崎市で直接廃車手続きをする場合。

例:長崎市に引っ越す前に既に標識交付登録済み。
長崎県外、市外のナンバーの廃車手続きをしたい。

長崎市外の方は、住民票所在地が分かる身分証明書類(運転免許証等)を添付して下さい。
パターン3

※短期出張や一時的な滞在などで「基本の住所が変わらない」場合は
県外ナンバーの廃車手続きが出来ない可能性がありますので、ご注意ください。

※外国人の方は、在留カード等の添付も別途お願いします。

下記内容も忘れず確認して下さい。
・車名(ホンダ、ヤマハなどのメーカー名)
・車台番号(数字とアルファベットの組み合わせ-数字で7桁位)
・排気量

パターン4
バイクの所持者(納税者)以外の人が標識交付登録した長崎市で廃車手続きをする場合
例:バイクの所持者(納税者)以外の親族、知人、友人などが本人がいない状態で廃車手続きの申請をする。

パターン4
代理人に依頼する場合は委任状を忘れず準備しましょう。

下記内容も忘れず確認して下さい。
・車名(ホンダ、ヤマハなどのメーカー名)
・車台番号(数字とアルファベットの組み合わせ-数字で7桁位)
・排気量

廃車手続きの流れ(パターン1~3)

①所持してる印鑑と車台番号などを準備する
パターン1

②車両からナンバープレートを外す

③手続きに必要な書類を持参し、登録した地域の市町村役場の窓口に向かう
※市民サービスコーナー・駅前連絡所ではできません

④役所で入手した廃車申告書に必要事項を記入し、申請
廃車申告書サンプル

—-申告書に記入する内容—-
・登録車両に関する内容(標識番号・車種・車台番号・メーカー名・車名・総排気量など)
・申告者の住所・氏名(法人の場合は所在地・名称)・連絡先
・納税義務者(所有者)の住所・氏名・生年月日(法人の場合は所在地・名称)・連絡先
・標識が無い場合はその理由など

※廃車申告書はこちらからダウンロードできます。

⑤手続き終了(混み具合にもよりますが約10分程度)

廃車手続きの流れ(パターン4)

①所持してる印鑑と車台番号などを準備する
パターン4

②登録した地域の市町村役場の窓口に向かう
※市民サービスコーナー・駅前連絡所ではできません。

③役所で入手した廃車申告書に必要事項を記入し、申請
廃車申告書サンプル

—-申告書に記入する内容—-
・登録車両に関する内容(標識番号・車種・車台番号・メーカー名・車名・総排気量など)
・申告者の住所・氏名(法人の場合は所在地・名称)・連絡先
・納税義務者(所有者)の住所・氏名・生年月日(法人の場合は所在地・名称)・連絡先
・標識が無い場合はその理由など

※廃車申告書はこちらからダウンロードできます。

④手続き終了(混み具合にもよりますが約10分程度)

廃車手続きはお早めに

原付は廃車手続きが終了するまで課税され続けます
早めの手続きをおすすめ致します。

問い合わせ先

※長崎市役所問い合わせ先はこちらからでも確認できます。

郵送方法など、正確な情報は所有者によって異なります。
困った時は在住してる最寄市役所に確認しましょう。


長崎市 総務局理財部 市民税課 
電話:095-829-1133 ファックス:095-829-1227
所在地:〒850-8685 長崎県長崎市桜町2-22(本館2階)

よくある質問

Q:「原付の標識って何?」
A:標識とは車両についてる「ナンバープレート」を指します。

※新たに購入したバイクだと標識がついてないので乗車前に使用者住所を管轄する市町村役所にて
乗車する為に「標識交付」の手続きを受ける必要があります。


Q:「標識交付証明書って何?」
A:標識交付証明書とは自動車検査証などと同様にナンバープレートと一対となる書類です。
乗車する為に、得た標識(ナンバープレート)と同時に交付されます。


Q:「標識交付証明書を紛失した場合は?」
A:原付バイクを登録した市区町村の役所に再発行可能です。
※長崎市内で原付の廃車手続きをする際、再発行の必要はありません。